バーチャル
キャラクターと
繰り返しロールプレイ

ロールプレイ研修を
完全セルフ化

実施~評価~改善のサイクルを受講者のみで回すことができます。

  • Point1 
    練習相手はバーチャルキャラクター

    教育担当者の介入なしに、何度でも、納得するまでロールプレイを実施できます。
  • Point2 
    貴社オリジナルのシナリオ

    ヒアリングを基に、ロールプレイのシナリオを作成します、貴社に蓄積されているノウハウをお聞かせください。
  • Point3 
    リプレイ

    ロールプレイ風景は録画しています。客観的に振り返ることで、口癖や無意識の仕草に気が付くことができます。
  • Point4 
    評価は機械評価と自己評価

    評価結果を基に改善を重ねることで、常にポイントを意識した対話ができるようになります。
  • 管理者は管理者用ページから、受講者の進捗を確認することができます。
スマホとVRに対応

訓練するシチュエーションに合わせ、スマホとVRに対応しました。

スマホが最適な場面
  • コミュニケーションがメインのシチュエーション
VRが最適な場面
  • コミュニケーションと作業が両立するシチュエーション
  • プレゼンなど、緊張感が重要なシチュエーション

ロールプレイの
効果と難しさ

対人スキルは現場での経験を通して体得するのが1番ですが、基礎が身に付いていない状態で現場に出ると、かえって苦手意識が生まれてしまうことがあります。

そこで、現場での経験に似た成果を得られるロールプレイ研修が重宝されています。失敗が許される環境で、実務に慣れることができます。

一方、時間がかかる、その場限りの練習になってしまう、演じるのが恥ずかしい、等の難しさもあります。

XTrainingで
実現できること

教育担当者

負担軽減

ノウハウ

蓄積

研修

セルフトレーニング化

導入までの3ステップ

  • step 01
    ヒアリング
    貴社オリジナルのシナリオを作成するため、
    ロールプレイ時のポイントをお聞かせください。
  • step 02
    シナリオ設定
    作成したシナリオをシステム上に設定します。
  • step 03
    導入・運用保守
    システムの導入、運用保守をサポートします。
  • オプション開発
    通常、シナリオの設定のみで使用できますが、
    必要に応じて貴社のご要望に沿った追加機能を開発します。