製造業・建設業における
VRでの設計
シミュレーション

従来の製造業・建設業の設計プロセスの課題

従来、プラント、造船・重機、自動車、産業機械、事務機器などの大型の機械設計においては、3DCADの機能を使って、モノとモノの干渉チェックに基づく組立性やメンテナンス性の検証が行われてきました。しかしこの方法では、人とモノの干渉チェックに基づくユーザービリティの検証は困難でした。それゆえに、製造・建設のプロセスの後半になってはじめてユーザビリティ上の課題が発見され、プロジェクトに大きな負担を課すことがありました。

VRを用いた
設計シミュレーション
のメリット

実スケールでのユーザビリティの検証

VRの技術を用いることで、設計データを実スケールで可視化できます。さらに、その空間に自らが入り込んで実際に使用してみることにより、簡単にユーザービリティを検証することができるようになります。これにより、従来の設計データでは見つけることができなかった「ここに届かない」「ここは通れない」といったユーザー目線での問題を早期に発見することができるようになります。

設計段階でユーザビリティを確認できる

リードタイム短縮やコスト削減

物理的な試作品やモックアップとくらべると、バーチャルな試作品は比較的低コストかつ迅速に制作をすることができます。よって、開発プロジェクト全体のコスト削減やリードタイム短縮にもつながります。これは特にリアルな試作品やモックアップの作成が難しい大規模な産業機械の製造や建設プロジェクトなどにおいてより大きな効果を発揮します。

VRを用いた
設計シミュレーション
導入の手順

3DCAD、BIMなど3Dモデルが活用可能

製造業・建設業において、VRを用いた設計シミュレーションを実現する際には、設計段階で用いられている3DCADやBIMのデータを活用することになります。弊社で提供するMIXERのようなエンジンを用いることで、3DCADやBIMといったモデルに対して、機能(持つことができる、登ることができるなど)を加えるという工程を通じてVRコンテンツが制作されます。

VR機器の準備

実際のシミュレーションにあたって必要な機器はVRゴーグルだけです。ただし、どのようなコンテンツを用いるかによって、VRゴーグルに必要なスペックが異なるため、用途にあった機器の選定が必要となります。弊社では、要件を踏まえた機器の調達もサポートしております。

サマリ

このように、VRを用いることで製造業・建設業の設計プロセスは大幅に改善される可能性があります。コミュニケーションプランニングでもMIXERというソリューションを用いて、製造業・建設業でのXR活用をサポートしておりますので、ぜひご検討をいただければと思います。

Contact

お問い合わせ

製品、採用に関してのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00 ~ 17:30

TEL.03-5860-9777