土木・建築設計における
VR/AR/MRでの
設計・景観
シミュレーション

従来の土木・建築設計
における課題

これまで、道路・橋梁、河川、都市、ダムなどの土木設計、オフィスビルや公共施設などの大型の建造物や建築物の景観検討を実施する場合、ミニチュアサイズの模型やCGパースなどで設計・景観シミュレーションが行われてきました。しかし、模型やCGパースは根本的にスケールが違うことや特定の画角の完成イメージしか提供されないため実物をイメージしづらく、関係者間で十分な合意形成を図ることは困難でした。

VR/AR/MRを用いた
設計・景観
シミュレーション
のメリット

高精度で多角的な検証が可能に

XR(VR/AR/MR)の技術を用いることで、設計データを実スケールで可視化でき、あらゆる角度から完成イメージを確認することができるようになります。これにより、建築物完成後の景観や、周辺を通行する歩行者や車からの見通しなどもよりリアルに検証することが可能になるため、従来のパースや設計図面などでは気づきにくかった問題点を早期に発見できるようになります。

ARやMRを用いた完成イメージで合意形成が用意に

建築関係者でない方にとっては従来のパースや設計図面から工程や完成後の様子を想像することは困難でした。しかし、ARやMR技術を用いることで、実際の建設予定地(現実空間)にバーチャルな設計データを重ね合わせて完成イメージを確認することもできます。例えば、建設予定の橋梁を河川の上に重ねて、時系列でその建設工程を見ていくということまで可能になります。これにより、誰でも容易に建設工程と完成後のイメージを持つことができるため関係者感の円滑な合意形成が可能になります。

完成後の景観や、周辺を通行する歩行者や車からの見通しなどもよりリアルに検証

VRを用いた
設計シミュレーション
導入の手順

3DCAD、BIMなどの3Dモデルを活用

XRを用いた設計・景観シミュレーションを実現する際には、設計段階で用いられている3DCADやBIMのデータを活用することになります。弊社で提供するMIXERのようなエンジンを用いることで、3DCADやBIMといったモデルに対して、機能(登ることができる、動かすことができる など)を加えるという工程を通じてVRコンテンツが制作されます。

VR機器の準備

XRの活用にあたって必要なハードウェアはVRゴーグルだけです。ただし、実際の建設予定地に赴いてMRを用いた検証を行う場合は、PCなどと接続の必要がないスタンドアローン型のゴーグル端末が必要となる可能性があります。弊社では、用途にあった機器の選定もサポートしておりますのでお気軽にご相談下さい。

サマリ

このように、土木・建築設計の設計プロセスを高精度かつ円滑に進める上でXR(VR/AR/MR)の技術が活躍し始めています。コミュニケーションプランニングでもMIXERというソリューションを用いて、土木・建築設計におけるXR活用をサポートしておりますので、ぜひご検討をいただければと思います。

Contact

お問い合わせ

製品、採用に関してのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00 ~ 17:30

TEL.03-5860-9777