小売業の
店舗デザインにおける
VR活用のメリット
と導入手順

小売業の店舗デザイン
における課題

量販店や小売店などの「店舗づくり」において、VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の視点から商品や什器の最適なレイアウトの検討は非常に重要です。一般的に、これらの店舗デザインの良し悪しの検証を図面やモデルだけで行うことは難しく、実際に店舗のレイアウトを変更した上で、関係者によるレビュー、お客様の導線の調査、実際の売上結果の検証などをする必要があります。そのため、短期間で複数のパターンを検証することは難しく検証サイクルは長期化しがちです。

VRを用いた
店舗デザインの
メリット

店舗デザインの検証サイクルの短期化

VRを用いることで、バーチャル空間の中で複数の店舗レイアウトを同時に制作することが可能になります。それを関係者やお客様に仮想空間内で実際に利用してもらうことにより、実店舗のレイアウト変更という負荷のかかる工程をはさむことなく、簡単に店舗レイアウトを検証することができます。当然、実際にレイアウトを変更してみてVRでは想定していなかったような結果となることも考えられますが、図面やモデルだけの情報を基にレイアウトを変更するよりも、事前段階でのレビューの精度はあがります。結果、最適な売り場にたどり着くまでの期間も短縮できます。

関係者間のイメージ共有で
合意形成が容易に

特に専門家ではない場合、図面やモデルだけで、実際の店舗レイアウトをイメージすることは難しく、幅広い関係者感の合意を得ることは困難です。しかし、VRを用いればより現実に近い形で店舗のレイアウトを体感することが可能になります。併せて、ARやMR技術を用いることで、実際の店舗にバーチャルなデータを重ね合わせて完成イメージを確認することもできるので、関係者間のイメージ共有がスムーズになります。

現実に近いイメージを関係者間で共有

VR/AR/MRを用いた
店舗デザイン
導入の手順

VR用コンテンツの制作

VRを用いた店舗デザインを実現する際には、店舗の設計段階で用いられている3DCADやBIMのデータを活用することになります。弊社で提供するMIXERのようなエンジンを用いて、3DCADやBIMといったモデルに対して、機能(持つことができる、上を歩くことができる)を加えることで、VR用のコンテンツが制作されます。

VR機器の準備

ハードウェアとして必要になるのはVRゴーグルのみです。ただし、実際に仮想空間内の店舗を歩き回って検証を行うためにはある程度のスペースが必要になります。スペースの確保が難しければ、コントローラがついた端末を用いて擬似的に移動を体験してもらうことになります。弊社では、そのような条件も踏まえて端末の選定もサポートしておりますのでお気軽にご相談下さい。

サマリ

上述の通り、小売業の店舗設計にVRを活用することで、レイアウト検証のサイクルを短期化し、よりスピーディーに最適な売り場を実現することが可能になります。コミュニケーションプランニングでもMIXERというソリューションを用いて、店舗デザイン・店舗設計におけるXR(VR/AR/MR)活用をサポートしていますので、ぜひご検討ください。

Contact

お問い合わせ

製品、採用に関してのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00 ~ 17:30

TEL.03-5860-9777