VRを用いた住宅展示場
(バーチャルモデルルーム)
の導入

住宅業業界での
従来の販促ツール
の課題

従来の住宅販売においては、360度カメラで撮影するような実写系のコンテンツでデザインを紹介することが一般的でした。しかし、これは根本的には2Dの静止画や動画と変わらないため、スケールが合わない、奥行きがない、目線の高さが合わないといった問題があり、居住空間としての良し悪しがうまく伝えられませんでした。また、模型やパースが用いられることもありますが、これらもスケールの違いや画角の制限があり、そこから実物をイメージするのは決して簡単ではありません。

VR活用メリット

よりリアルに居住空間
としてのデザインが伝わる

VRを用いたバーチャルモデルルームを導入することで、その住宅の住環境としてのデザインをよりリアルに再現することができます。住宅を購入するお客様は住宅の中にVRを通して実際に入り込むことで、実物大に近い形で部屋の広さや天井の高さなどをチェックすることができるようになります。その空間の中を自由に歩き回り様々な角度からその住宅を眺めることができるので、居住空間としての良し悪しをより正確に感じてもらえるようになります。

自由に歩き回り様々な角度から見てもらい、キッチン等の置き換えも容易

バーチャル展示場・3Dカタログ実現の手順

コンテンツの制作

VRを用いた住宅展示場(バーチャルモデルルーム)を実現するには、まずコンテンツの作成が必要になります。VR用のコンテンツは設計段階で用いられている3DCADのような3DCGのデータがもとになります。弊社で提供するMIXERのようなエンジンを用いることで、3DCADやBIMなどのモデルに対して、機能(登ることができる、動かすことができる など)を加えVRコンテンツを制作します。

利用用途にあった機器の選定

基本的に必要なハードウェアはVRゴーグルだけです。ただし、居住空間を歩き回るような体験をしてもらうためにはある程度のスペースが必要になります。もしそれが難しければ、コントローラがついた端末を用いて擬似的に移動を体験してもらうことになります。弊社では、そのような条件も踏まえて用途にあった機器の選定もサポートしておりますのでお気軽にご相談下さい。

サマリ

上記の通りVRは、住宅購入プロセスにおけるお客様の満足度を飛躍的に向上させる力を秘めています。コミュニケーションプランニングでもMIXERというソリューションを用いて、バーチャルモデルルームとしてのVR活用をサポートしていますので、ぜひご検討ください。

その他のXR(VR/AR/MR)
ソリューション

Contact

お問い合わせ

製品、採用に関してのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00 ~ 17:30

TEL.03-5860-9777