VRを用いた
安全教育・訓練導入の
手順とメリット

従来の安全訓練の課題

場所の制約による非効率性

建設業や製造業における労働災害防止のための安全教育は、模擬体験用の装置・設備が整った研修センターにおいて集合研修の形態で実施されるのが一般的です。しかし、この方法は各事業場から人を集めて研修を実施するための移動コストの問題、研修当日の各事業場における欠員リスクの問題があります。

リアリティの欠如

また、従来の模擬体験用の装置を用いた研修は、リアリティの面での限界がありました。実際の作業現場の環境や、日々のオペレーションの文脈を再現することが難しく、それゆえに効果の面も限定的であったと言えます。

VRを用いた
安全教育ソリューション
のメリット

VRを用いることで上記のような従来の安全教育・安全訓練の課題をクリアすることが可能になります。

場所に依存しない研修の実現

VRを用いた安全教育であれば、VRゴーグルだけで、研修センターの模擬体験と同等もしくはそれ以上の体験を再現できます。また、研修センターだけでなく、各事業場において安全教育を実施できるようになるため、集合研修に係る移動コストや欠員リスクの問題を解決できます。

よりリアルで学習効果の高い訓練

世の中には、高所からの転落や、機械への巻き込みといった一般的な労働災害のシーンを再現した汎用的なパッケージも提供されており、コスト面ではそのようなパッケージも魅力的です。しかし、VRを用いるメリットの一つとして挙げられるのは、よりリアリティを追求した訓練による学習効果の向上です。VRを用いれば実際の作業現場に限りなく近い環境を再現し、作業現場の文脈を踏まえた訓練が実現できるようになります。例えば、自社の工場の環境を再現したり、自社独自の作業機械の特に危険な工程を忠実に再現した訓練も可能になります。当然、このようなリアリティの高い訓練を実現しようとした場合、ある程度の初期費用はかかるものの、一度作成をしてしまえば、それ以降は同じコンテンツを活用して、効果の高い学習を継続的に行うことが可能になります。

自社工場での独自の作業工程における危険を忠実に再現した訓練も可能

VRを用いた
安全教育ソリューション
導入の手順

コンテンツの制作

VRを用いた安全教育導入にあたっては、専用の映像コンテンツを用意する必要があります。汎用的な安全教育用のコンテンツを使うことも可能ですが、VRのメリットを最大限に活かすためには、現場の環境により近い状態を再現したコンテンツを独自に作成するのが理想と言えます。すでに3Dデータが存在するのであれば、それを素材として用いることもできますが、3Dデータの準備がない場合は、モデリングや素材の購入からスタートする必要があります。その上で、その素材に対して、機能(持つことができる、登ることができるなど)を加えるという工程を通じてVRコンテンツが制作されます。

VR機器の準備

VRを用いた安全教育・訓練の場合、最低限必要な設備はVRゴーグルのみとなりますが、VRゴーグルにも様々なスペックのものが存在します。どのような安全教育・訓練を実現したいか、そのためにどのようなコンテンツを用いるかと言った条件で、ゴーグルに求められるスペックも変わります。弊社では、用途にあった機器の調達も合わせてサポートしております。

サマリ

このように、VRを用いた安全教育は従来の集合型の研修と比べ効率的かつ効果的であると言えます。弊社コミュニケーションプランニングでもMIXERというソリューションを用いて、安全教育へのVR導入をサポートしておりますので、ぜひこの機会にお試しいただいてはいかがでしょう。

Contact

お問い合わせ

製品、採用に関してのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00 ~ 17:30

TEL.03-5860-9777