VRを用いた
特殊車両・航空機の運転
・操縦訓練の
メリットと導入手順

従来の運転・操縦訓練
の課題

ショベルカー、フォークリフト、GSEなどの特殊車両の運転訓練や航空機の操縦訓練は一般的に、座学、ダミー機、実機を用いて行われます。座学やダミー機を用いた訓練は手軽に行うことができるものの、現実との乖離があるため学習効果の面で限界があります。一方、実機訓練を行う場合は時間や場所の制約もあるため、トレーニング全体に係る期間が長期化すると共に費用負担も大きくなるという問題があります。

VRを用いた
運転・操縦訓練
のメリット

座学のような手軽さと
実機のようなリアリティ

VRを活用した運転・操縦訓練はVRゴーグルとハンドル型のコントローラだけで実施できるため、時間や場所の制約を受けずにいつでも実施をすることができます。またVRならではの没入感により、実際に特殊車両や航空機を操縦しているような操作感を体験することができます。つまり、座学での訓練のような手軽さで、実機訓練に近い効果を実現することができるということです。これは結果として、大幅なコスト削減やトレーニング期間の短縮につながります。

環境の変化を自由に再現

また、VRでのトレーニングであれば天候・時間などの条件設定や、事故・災害等の不測の事態の再現が自由に行えるため、これまで座学やダミー機でしか訓練ができなかった内容をよりリアルに体験することが可能になります。これにより、作業者が実践に向かう際にはより幅広いシチュエーションに対して訓練度の高い状態で望むことができます。

時間や場所の制約がある実機訓練の前段階に操作体験を積むことで、訓練期間を短縮させる

VRを用いた
運転・操縦訓練導入
の手順

コンテンツの制作

VRを用いた運転・操縦訓練の導入にあたっては、まず映像コンテンツを制作する必要があります。汎用的な訓練用のコンテンツを使うことも可能ですが、操縦する機器が特殊なものであれば当然独自のコンテンツをつくる必要があります。すでに3Dデータが存在するのであれば、それらを素材として活用することもできますが、3Dデータがない場合は、モデリングや素材の購入からスタートする必要があります。その後、用意した素材に対して、機能(ハンドルを握ることができる、前方に移動する など)を加えてVRコンテンツが制作されます。

VR機器・周辺機器の準備

上述の通りですが、VRを活用した運転・操縦訓練を行うためには、VRゴーグルに加えてハンドル型のコントローラを用意する必要があります。VRゴーグルにも複数の種類があり、どのような訓練を行うかにより、必要な機器は異なります。弊社では、各社様の条件を踏まえて用途にあった機器の選定もサポートしておりますのでお気軽にご相談下さい。

サマリ

特殊車両・航空機の運転・操縦訓練にVRを用いることで、トレーニング期間やコストの削減、さらには学習効果の向上による生産性の向上が期待されます。コミュニケーションプランニングでもMIXERというソリューションを用いて、特殊車両・航空機の運転・操縦訓練におけるVR活用をサポートしていますので、ぜひご検討ください。

Contact

お問い合わせ

製品、採用に関してのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00 ~ 17:30

TEL.03-5860-9777