SAP-HCMアップグレード

SAP-HCMアップグレードサービスとは

SAP最新バージョンである、ERP6.0へのアップグレードに特化したサービスです。HCMモジュールのアップグレードに特化したサービスです。弊社の豊富な実績により構築された、方法論・支援ツールをサービスパッケージ(下図ご参照)としてご提供いたします。

ERP6.0へのアップグレード

サービスの進め方

ユーザー様が一番気になる、お見積もりを無償にて実施することからスタートします。一般的には、有償で実施する「調査・分析フェーズ」終了後にお見積を作成・確定させますが、弊社は「事前分析サービス」で費用を確定させますので、安心してアップグレードを開始することが可能です。

サービスの進め方

フェーズごとの概略説明

事前分析サービス(無料)

事前分析シート(アンケート形式)にご記入いただくだけで、アップグレード完了までの費用を算出いたします。

調査・分析フェーズ

  • アドオンの変更一覧を自動で作成します。
  • パラメータ設定、ルール・スキーマ等の比較差分を自動にて作成します。
  • コピーアドオン、モディフィケーション等を調査・分析し、修正手順を作成します。
  • アップグレード実装フェーズの詳細設計を立案します。

実装フェーズ

  • アドオンの業務要件が絡まない部分を自動変換します。
  • 調査結果をもとにアドオン、コピーアドオン、パラメータ設定、ルール/スキーマ、モディフィケーション等の修正作業を実施します。
  • 修正後の稼動確認テストを実施し、機能単位での品質を維持します。

テスト/移行フェーズ

  • ユーザーテスト及び、ユーザー教育を実施します。
  • アップグレード内容を、本番システムに適用するとともに、データ変換作業を短時間で実施し、業務が滞ることなく、システム切替えを実施します。

3つの特徴(強み)

多くのユーザー様が抱える「問題点・疑問点」を「解決・解消」できる、「高品質・短期間・低コスト」のサービスです。

3つの特徴

SAP-HCMに特化し、最適化されたアップグレードメソッド

SAP-HCMの日本上陸、ローカライズからプロジェクトに参加している弊社のノウハウと、豊富な実績から、最適化されたメソッドを保有しています。

SAP-HCMに特化し、最適化されたアップグレードツール

一般的なアップグレードツールは、SAP各モジュールに対応する為、汎用的な構造になっております。弊社は、HCMに特化している為、「ルール/スキーマ」、「テーブルエントリー」までを網羅しております。ソースコードの自動変換機能も備え、最も工数の掛かるプログラム変換作業を軽減させることが可能です。

SAP-HCMに特化した、豊富な実績

新規導入は約50社、運用・保守は約20社、アップグレードは約10社の実績を保有しております。

サービスの進め方
サービスの進め方

ツール

詳しくはお問い合わせ下さい。

ユーザー様のメリット

お客様側の作業工数が大幅に軽減されます

検証作業(ユーザーテスト)まで、お客様の作業工数を最小限に抑えます。お客様は、主に検証作業(ユーザーテスト)をご担当いただきます。

コスト削減と、スケジュールの短縮が可能になります

プログラム自動変換により、作業工数が大幅に軽減できます。

※アドオンが多いほど、効果が期待できます。

アップグレード実績

顧客名業種従業員数プロジェクト期間バージョン使用モジュール備考
A社情報産業8,000名14ヶ月40B→EPHRHR単独UG
B社電気18,000名6ヶ月46C→EPHRHR単独UG
C社重機製造6,000名5ヶ月46C→EPR2004HR,FI,COHR単独UG
D社電気5,000名9ヶ月46C→EPR6.0HR,FI,COHR単独UG
E社繊維産業800名6ヶ月46C→EPR6.0HR,FI,CO,SD,MM 他HR単独UG
F社金属製品4,000名7ヶ月46C→EPR6.0HR,FI,CO,SD,MM 他HR単独UG
まずは事前分析
まずは事前分析